Nursery Profile

保育理念

生涯を通して、社会を生き抜く力を培うことができる

※共異体の創造とは

保育方針

「じりつ」と「協力」

保育の目標

◇自分の主張と友だちの思いの折り合いをつけ、力を合わせて達成できる保育

保育園には、様々な年齢の子ども達が過ごしています。その関わり合いの中で楽しく、相手の思いに気づかせ、協力して達成できる経験を大切にしています。 小さい子に伝える時など、どんな言葉だったらいいのか、どうやって関わったらよいのかを、学ぶ機会にもなっています。

◇自分で決めたことに責任をもって行動し、“できる”を目指す保育

子ども達は、いろいろなものに興味、関心があります。そこで、自発的に行動でき、決めたことは最後まで責任をもつことを経験させます。「ぼく、できたよ」「わかったよ」の達成感が、子ども達の成長の源と考えています。
私たちは、“自らチャレンジしてみよう”と、意欲がもてる子、自分で決められる子に育てる為の導きを大切にします。

◇子どもの環境(人・物・場・時間)を大切にした保育

様々な物や、人、場、時間を共有して、子どもたちへの保育を行います。子ども自ら遊びを見つけ、遊びの種類も、遊び相手も、自分で選べる環境を大切にしています。

  • 安心して過ごせる環境
  • 子どもが思わず遊びたくなる環境
  • 遊びに必要な道具を自由に選べる空間
  • 子どもが興味、関心をもって調べてみたくなる環境
  • 様々な年齢の子や、同年齢の子とかかわり合える
  • 自ら考え、判断し、行動する環境